紋章研

東京でFEサイファを遊んでいます。

12弾の6文字ネーム 2018-04-15

なんと6名もいる。11弾では0名、10弾では2名だったのに。

f:id:terrakion:20180415143151p:plain

覇王と獅子王
  • ソーンバルケ
  • ベウフォレス
  • アシュナード
  • ラジャイオン
  • ヴァルハルト
  • エルトシャン

この偏りは偶然か作為的か、といえば、その中間であるように思う。それは、これらのユニットがいずれも原作において「仲間にならない」か「仲間になるのが遅い」点で一致するからだ。

FE世界では、名前の長いキャラは自軍以外にあつまる傾向にある。FE0も12弾まで進み、こうした脇役なり敵役なりにスポットライトが当たる日が来たのだとすれば、6文字ネームがいきなり大量収録されたのにも納得できる。狙ってそうしたのではなく、収録範囲が広がってきた帰結なのだ。したがって、急な6文字ネームの増加は偶然とも作為的ともいえない。

もちろん看板キャラは何度も収録されてはきたが、その脇をかためるカードの人選はいつも新鮮で、予測のつかないことが多い。私がサイファを気に入っている理由の1つだ。