紋章研

東京でFEサイファを遊んでいます。

凱歌レヴィン 2018-04-14

12弾環境。何度めかの『聖戦の系譜』クリア記念。

デッキリスト

f:id:terrakion:20180413234835j:plain

新弾要素なし。
Cost ユニット名 枚数 同名 Sym. 紋章
1 レヴィン ×1 ×12  
1 レヴィン ×3 ×12  魔術
3 レヴィン ×4 ×12  
4 レヴィン ×4 ×12  
3 フィー ×4 ×4  
3 エーヴェル ×1 ×1  
1 キュアン ×4 ×4 攻撃
5 マルス ×4 ×8  
5 ミネルバ ×4 ×8  
4 つばさ ×4 ×4  
3 グレイva ×1 ×5  
2 ボーイ ×4 ×4  
2 マルス ×4 ×8  
1 グレイva ×4 ×5 抵抗
1 ミネルバ ×4 ×8 天空

デッキの狙い

  • レヴィンを前に立たせ、オーブを壊し合う
  • 『英雄の凱歌』『天覆う翼』の全体+30で形成を有利に

4-3レヴィンの<飛行>付与は自ターンだけだが、その時点で受けた『天覆う翼』の30強化を相手のターンに持ち越せるため、範囲の狭い当該スキルが『英雄の凱歌』並の効力に。このややオタク玄人っぽいコンボがアイデンティティ。

各ユニットについて

レヴィン

2c以外をすべて。計12枚。4-3が主役。3-2はBSの全体+10が強い。残りは回避用だが、2cよりは1cを優先。『魔術の紋章』は貴重だ。

マルス、ミネルバ

8枚ずつ。『英雄の凱歌』『天覆う翼』の全体+30を見込んでフル投入。両者のうち、そろったほうを手札にキープして、そうでないほうを戦場と絆に置いていく。

2cマルスはPR版、『戦場を駆ける王子』と『レイピア』による掃討を担う。

フィー、グレイ

出撃コストのいらない仲間。基礎値は本来のコスト相応に低いが、全体+30によって立派なアタッカーとなる。

1枚だけ入った3-2グレイは戦闘力が高い。回避札かCCボーナスをともなって出したい。

キュアン、エーヴェル

アタッカー兼バッファー。ともに軽い。キュアンは『レンスターの戦術』をもち、レヴィンを間接攻撃から守ってくれる。エーヴェルは序盤でも出せる上に、寝たままでも4-3レヴィンの攻撃値の足しとなる。

織部つばさ

擬似的な全体+10。自己移動スキルをもっているので、相手のターンを後衛でやり過ごし、自分のターンで前衛に復帰するのが得意。

このデッキでは、4-3レヴィンが味方にあたえた『天空の運び手』が後衛への移動を助けてくれる。

入れたかったカード

1cユベロ、3-2レナ、3cヴェロニカ、1cシェイド(無色)、3-2ティニー、3-2セティ、1cマーニャ