紋章研

東京でFEサイファを遊んでいます。

必殺の水準点 2018-01-29

「くらえ! 必殺の剣!!」

今回はFE0の名システム「必殺攻撃」について。

多くの必殺攻撃は敵将へのダメージ狙いで放たれます。そして、多くの敵将は戦闘力70をもち、それに支援20か30を足したラインで攻防しています。

これらの前提が正しいなら、「多くの必殺攻撃には戦闘支援合計が50点必要」という仮説を立てられます。

具体例

では、具体的に戦闘支援合計が50となるケースとは? 私が重要視するのは以下の3パターンです。

  1. 戦闘力50+支援0
  2. 戦闘力40+支援10
  3. 戦闘力30+支援20

それぞれの具体例を見ていきます。

1.戦闘力50+支援0

  • 支援失敗した2弾3-2ツバキ
  • 支援0主人公の1cサジ/マジ
  • 屍兵デッキの4-3インバース

特に面白いのがツバキ16積み。

f:id:terrakion:20180128235521p:plain

3-2-50-30という完璧なサイズ感

スキル『完璧主義』の起動率と成功率が高まることで、打たれ弱い代わりに必殺し放題の支援30枠として扱えます。

2.戦闘力40+支援10

  • 支援10主人公の1c前衛
  • 支援10主人公の1cタクミ/ヒーニアス/オフェリア
  • デッキ例:
    • 【暗闇ベロア】
    • 【弓オグマ】(スキル『タリス王国軍の隊長』)
    • 【英雄ナバール】
    • 【黄赤アイラ】(1cセリス、1cクレーベ)

支援10主人公の1cユニットには戦闘力40のものを選んでおくと、終盤戦の必殺攻撃を通しやすくなります。

f:id:terrakion:20180128235515p:plain

たかが10点と侮るなかれ

3.戦闘力30+支援20

  • 支援20主人公の1c後衛
  • デッキ例:
    • 【魔術マルス】
    • 【オフェリア魔法単】
    • 【グレイ暗器単】

支援10以下のカードが入っていないデッキでは、戦闘力30のユニットで必殺攻撃をする場合、支援失敗さえしなければ戦闘力を100以上にできます。

f:id:terrakion:20180128235509p:plain

4弾の生んだ名コンビ

これには主に1c魔道士系のユニットが当てはまります。しかも、彼らのもつ『魔術の紋章』は、それ自体が必殺攻撃をそろえる助けとなるのも好都合です。

まとめ

必殺攻撃は便利なシステムで、とくに戦闘力の低いユニットにとっては不可欠なもの。

しかしながら、いつも必ず数値が足りるとは限りません。自分のデッキの支援力を把握して、より効率的に使いたいですね。相手の支援エリアに『祈りの紋章』が出ないことを祈りながら。